Our Mission/設立(せつりつ)の趣旨(しゅし)


<English>
There are 15,247 non-Japanese people living in Setagaya City, which is 1.7% of the Setagaya population (871,852 people as of May 1, 2014). In Tokyo, there are nursery schools where as many as 70% of children have intercultural backgrounds and It is anticipated that the number of non-Japanese people will rise in Setagaya, as well.

For young parents raising children, support from the community is very important. As parents ourselves, we established ICRIS Setagaya in order to create an intercultural child-rearing community for both Japanese and non-Japanese parents. We have been operating since May 2014 and hope to create an intercultural child raising network.

<やさしい日本語>
世田谷区(せたがやく)には15,247人の外国人(がいこくじん)が住(す)んでいます。これは、世田谷区(せたがやく)に住(す)んでいる人の約(やく)1.7%(2014年5月1日現在〔げんざい〕)です。東京都(とうきょうと)には、外国(がいこく)にルーツをもつ子どもが70%の保育園(ほいくえん)もあります。世田谷区(せたがやく)の外国人(がいこくじん)の数(かず)も、これから増えるでしょう。

子育(こそだ)てには、地域(ちいき)の人たちとのつながりや、サポートがとても大切(たいせつ)です。私(わたし)たちも子育(こそだ)てをしています。そして、日本人も外国(がいこく)にルーツをもつ家族(かぞく)も、安心(あんしん) して楽(たの)しく子育(こそだ)てができる社会(しゃかい)にしたいです。そのために、「イクリスせたがや」をつくり、2014年5月に活動(かつどう)を始(はじ)めました。

これから、色々(いろいろ)な活動(かつどう)をして、子育(こそだ)てネットワークをつくりたいと思(おも)っています。

<日本語>
世田谷区に住む外国人は15,247名で、世田谷区民871,853名の約1.7%(2014年5月1日現在)を占めています。都心では、外国にルーツをもつ子どもが全体の7割を占める保育園もあります。世田谷区の外国人数も今後も増加することが予想されます。

子育てには、地域の人たちとの関わりやサポートが不可欠です。私たちは子育てをしている当事者として、日本人だけでなく、外国につながる親子も安心して楽しく子育てができる多文化共生地域作りを目指して、「イクリスせたがや」を設立し、2014年5月に活動を開始しました。

今後、地域に根ざした様々な活動を通して、多文化共生子育てネットワークを広げていきたいと考えています。



Our Mission/設立(せつりつ)の趣旨(しゅし)」への2件のフィードバック

  1. 多文化に興味があって、1歳児と5歳児の息子と参加してみたいと思いましたが、
    日本人で、日本語が母語の場合は、参加できませんか?

    1. お問い合わせありがとうございます。イベントによりますが、「国際家族対象」などと記載がないものに関しては、日本人のご家族の方も参加可能です。宜しくお願い致します。

icris-setagaya にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">